普通の人がまず目にすることの無い特殊なランプ:【熱電対付きランプ】

おはようございます。今日も雨ですね。私は家から駅まで約2kmを毎日往復しているので雨だとバスを使うようにしているのですが、早朝だと始発バスより早くてズボンの裾もリュックもずぶ濡れになってしまうスマートライト中畑です。


Umbrella / Thejaswi

さて、先日、ハロゲンランプやメタルハライドランプを支えるモリブデン箔というものの紹介をさせていただきました。

スマートライト|照明についてのポータルサイト » Blog Archive » ハロゲンランプやメタルハライドランプを支える沈黙の偉人モリブデン箔

今日は、照明器具を製造しているメーカーが、開発した器具の温度がちゃんとランプの仕様で決められた温度内で設計されているかどうかを確認するための特殊なランプのご紹介をします。

そのランプと、この【熱電対付きランプ】と呼ばれるものです。

Netsudentsui01

熱電対の原理はwikipediaでみてみると、

熱電対(ねつでんつい、thermocouple)は温度差を測定するセンサ。異なる二種の金属を接合すると、それぞれの熱電能の違いから2つの接合点を異なる温度に応じた電圧が発生し一定の方向に電流が流れる。異種金属の2接点間の温度差によって熱起電力が生じる現象(ゼーベック効果)を利用した温度センサである。

熱電対 – Wikipedia

とのこと。

ランプの場合、モリブデン箔部分の温度が350度を超えるとモリブデンの酸化が急激に進み単寿命になったり、ダイクロイックミラー部分の温度が高温になると蒸着した素材が蒸発して光の質(色)が変化しまったりと不具合が発生します。

なので、モリブデン箔部分やリフレクター部分に熱電対を取り付けたランプをランプ工場でつくり、照明器具メーカーが自社の器具に熱電対付きランプを組み込み、時間かけてその温度を確認します。

Netsudentsui02

一般的に店舗や家庭などで使用される照明器具の場合、空冷ファンをとりつけることは騒音やコストなどの問題からあまりありませんので、器具を凝ったデザインにしたりコンパクトにすればするほど、どのように放熱を行うかが器具開発者の悩みどころだったり、ノウハウだったりします。

そして、熱電対付きランプで測定した温度データがオーバーしてしまったりすると、デザインとやコストと放熱のバランスを取る為に、また頭を悩ませることとなるのです。

ということで、普通に使う人にはまずお目にかかれないこの【熱電対付きランプ】を今日は紹介させていただきました。

コメントを残す