既存器具でハロゲンランプの光の質は保ちながら省エネできるIRハロゲンランプ(赤外線反射膜)という選択

昨日は夕方から大雨が降りましたね。私は東京タワーのそばのザ・プリンスパークタワー東京で昨日・今日と開催されているマイクロソフトのWindows Developer Daysに行ってきたのですが、Windows8とかMetoroとかKinectとか、マイクロソフトのソフトや開発環境、デバイスなど、有益な情報ばかりでとても楽しんできました。

イベントに参加して3つ程講演をきいたのですが、いずれもマイクロソフトが非常にユーザーの立場に立って製品やサービス、会社のあり方を考えている雰囲気を感じました。そんな私も昨年、Let’s NoteからMacBookProに変えたばかりなのですが、今回のイベントで改めて、Metroとかウインドウズフォンのアプリケーションとか作りたいなぁと思いました。

これからのマイクロソフトが楽しみですね!

Microsoft Windows Developer Days (WDD) ホーム

おはようございます。スマートライト中畑です。

さて、みなさんは、IRハロゲンランプという商品を聞いた事はありますか?

IRとは”Infrared Refrective Layers Coating(赤外線反射膜塗装)”の意味で、ハロゲンランプの発光管(バルブ)の内側に赤外線反射膜を塗布し、フィラメントからの熱が赤外線となって外部に放出されることを抑え、ほとんどの電力エネルギーが熱になってしまうハロゲンランプの電力を光に変換する効率を向上させたランプになります。

また、楕円型のバルブにも意味があり、幾何学的にフィラメントから照射される赤外線がフィラメントのある位置に反射するような設計となっています。

現在、各メーカーから様々なIRハロゲンランプが発売されており、従来のハロゲンランプからIRハロゲンランプに交換するだけで、約30%程の省エネも実現できるという、実はとてもすばらしい技術を採用したランプなのです。

赤外線反射膜仕組

最近の省エネ化の流れで、ハロゲンランプからハロゲン形LED電球に変えたいというご相談をよく頂きますが、使う場所や使用途によっては、必ずしもLED電球をオススメできるわけではありません。

LED電球に変える事で確かに省エネにはなりますが、ハロゲンランプの光が持つ「温かみ」「輝き」「照射物を鮮やかに見せる」などの特徴は、LED電球では出せない部分があります。

特に飲食店では、ハロゲンランプの光によって「おいしい料理をさらにおいしそうに見せる」ことができるため、調理場からスタッフに料理を渡すカウンターや、お客様のテーブルに直接光を提供するスポットライトなどの器具には、ハロゲンランプをお使い頂く事を強くオススメしています。

現在、節電や省エネの流れで、店舗全体での電力量を削減はどのお客様も検討されていたり対策されていると思います。

もし、ハロゲンランプの光の質を維持しながら、電力量を削減したいという場合には、是非IRハロゲンランプをお使い下さい。明るさや光の質はそのままで消費電力を約30%程度削減できる、とてもおすすめのランプです。

ウシオ JR12VスーパーラインIR ハロゲン

     (現在)           (オススメ)
(ウシオ)JR12V50WLN/K/EZ-H ⇒(ウシオ)JR12V35WLN/K/EZ-IR
(ウシオ)JR12V50WLM/K/EZ-H ⇒(ウシオ)JR12V35WLM/K/EZ-IR
(ウシオ)JR12V50WLW/K/EZ-H ⇒(ウシオ)JR12V35WLW/K/EZ-IR

→ウシオJR12VスーパーラインIRハロゲンの価格確認

パナソニック ミニハロゲン電球 マルチレイアPRO

     (現在)           (オススメ)
(パナソニック)JD110V65WNPE ⇒(パナソニック)JD110V50WNPEW
(パナソニック)JD110V85WNPE ⇒(パナソニック)JD110V65WNPEW
(パナソニック)JD110V130WNPE ⇒(パナソニック)JD110V95WNPEW

→パナソニックミニハロゲン電球マルチレイアPROの価格確認

GE ハロゲンビーム IR-PAR

     (現在)           (オススメ)
(パナソニック)BF110V80WD 
(東芝) BRF110V80W    ⇒(GE)JDR110V50WN/K9M

(パナソニック)BF110V120WHD 
(東芝) BRF110V120W   ⇒(GE)JDR110V60WN/K12M

→GEハロゲンビームIR-PAの価格確認

コメントを残す