iPhoneやiPad、Androidなどの端末でCADファイルを閲覧することが出来るAutoCAD WSがバージョンアップしたようです

前からAutoCAD WSは使っていたのですが、最近、大幅にバージョンアップしたようです。

Gmail  受信トレイ  takahiro nakahata gmail com

AutoCAD WSからのメールマガジンには、

AutoCAD WS によって、お手元の図面を 3D 表示し、共有することができるようになりました。
どこにいても、ご使用のスマートフォンやタブレットのタッチスクリーンの多くで、図面を 3D 表示して、移動、回転することができます。また、モデルの 3D 表示を出力し、同僚や顧客に直接メールすることも可能です。

GPSとの統合

ご使用のデバイスに内蔵されている GPS 機能を利用して設計図の中に自分自身を配置し、詳細な設計図面内にメモや推奨事項を記入することも可能です。

モバイルからの出力

作成した設計図を PDF や DWF 形式でモバイル デバイスから任意の電子メール アドレスに宛てて送信できるようになりました。また、互換性のある HP ePrint プリンタで直接印刷することもできます。

とのこと。

AutoCADは既にデータファイルをクラウドに保存するプラグインを提供しており、この機能を使用することで自分のPCとサーバーのデータの同期をとったり、外出先からiPadなどのデバイスで確認することができる。そして、今回のバージョンアップにより、そのデータをレンダリングした状態の3Dで確認することができるとのことで、ますますモバイル端末のビューワーとしての機能が充実し、3Dデータをいつでもどこでも利用出来る状態に向かっている。

AutoCAD WS – AutoCAD Online Tools

さらに、GPSとの統合により、現在の自分の位置情報をデバイスからそのデータに付加することができるようになり、今まではデスクトップでデータとして扱いを受けていた緯度経度情報と、自分のモバイルデバイスからのリアルな緯度経度情報を連携させることが可能になった。そうなると、CADデータが設計時だけではなく、完成後、運用時やメンテナンスを行うときにも、実際に人がいる場所でどんな設計データなのかにアクセスすることができる。

ここら辺の動きも、DIALux evoの大きく変わった設計も、BIMが当たり前のように使われる日が刻一刻と近づいているようです。

AutoCAD WS – Mobile

コメントを残す