DIALux evoを最初に立ち上げるとドイツ語だったので英語変更してみた。

立ち上げてみるとドイツ語だった。

そう、DIALuxを開発しているDIAL社はドイツの会社なので、きっと標準はドイツ語なのだ。だから、ベータバージョンをインストールして立ち上げるとドイツ語のスタート画面でドイツ語のメニューだった。

WS000000

で、DIALuxは確か設定画面で言語の選択があったはずだから、そこから英語にできるはずと思いそれらしきところをクリック

WS000001

すると、なんとか言語設定の画面を発見。メニューの真ん中にあるDetutschをEnglishに変更すれば良さそうだ。二つあるので両方ともEnglishに変更

WS000002

変更を適用するには、DIALux evoを再起動する必要があるとのことで再起動してみると、このようにオープニングのメッセージも無事に英語になりました。

WS000003

で、DIALux 4の時にもあったこの画面も英語に

WS000004

そしていよいよ、DIALux evoのスタートメニューの画面です。

WS000005

ずいぶんすっきりしていますね。

Create New Projectが、

> Outdoor and building planning
> DWG/DXF import
> Empty rectangular room

と、今までとはちょっと違った雰囲気になっています。

さてさて、どんな感じなのでしょうか? 楽しみですねー

ということで、今日はこの辺で!

コメントを残す