ITと照明について

さて、この水曜日から次世代照明技術展がはじまりました。既に展示会に行ってきた友人達から、いろんな情報が届いております。

その中でも、この商品とサービスはなかなかおもしろそうですね。

NetLED、“世界初”Wi-Fiで調光するクラウド型LED照明システム – 家電Watch

照明は位置情報と密接に関係する設備なのでITと非常に相性がいいですよね。地域的なエネルギー消費量のコントロールや、イニシャルコストとメンテナンスコストを可視化できるBIMなどの流れもあり、クラウドやWiFiだけでなく、今まではITの世界でしか聴かれなかったキーワードが照明機器やサービス、手法などにもっともっと導入されるような流れになるのでしょう。

そして、たとえば可視光通信などの技術により、これまでもっていた照明の機能や役割が、このデジタルによって大きくかわりますます複雑になっていくことが予測されます。そうなると、最初にフォーマットを決めてそれに外れるものはエラーになるような思想ではなく、とりあえず値とインデックスだけきめておけば柔軟に対応できるようなシステムが主流になってくるのでしょう。

ということで、最後の方はわけわからん話ですみません。要はJavaScriptとMongoDBを勉強しなければならないということが言いたかっただけです。私は明日、次世代照明技術展に行ってくる予定です。たのしみですね。

では!

コメントを残す