ちょっと遅い話題ですが、素敵なお年賀をいただきました。

ちょっと遅い話題ですが、新年の挨拶で各メーカーや業社さんからタオルやお酒などのお年賀を頂きますが、その中で遠藤照明(ENDO)さんのお年賀に気を引かれました。中身はなんと会社のロゴが焼印されたお煎餅でした。

遠藤照明さんは、店舗照明業界ではトップシェアのメーカーであり、LED照明器具でも他社を圧倒する商品ラインナップと価格力で2011年はまさに飛躍の年となりました。また、昨年秋にはRsシリーズという高効率のLEDチップを採用し、器具のラインナップも増やしたため今年もその勢いは加速しそうです。

そんな会社の姿勢が、そのまま表れてるような…ひと味違ったお年賀のように感じました。

もちろん、美味しくいただきました。

001

「フィリプス」マスターラインプラスの代替え商品は「ウシオ」スーパーライン ADVANCE(アドバンス)

2011年の年末に、PHILIPS社の12V用ハロゲンランプ、マスターラインプラスが生産中止になりました。フィリプスのハロゲンランプは、白っぽい光が特徴でブランドショップや貴金属店などに愛されてきましたが、ハロゲンランプの販売数量の減少などを理由に今回生産中止を発表しました。フィリプスは今後、ハロゲンランプの市場をMaster Led(マスターLED)1本に絞って販売をする戦略です。

しかし、フィリプスのハロゲンランプが無くなる事でお困りの店舗の方などは非常に多くいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方に朗報です。フィリプスのマスターラインプラスの代替えは、実はウシオライティングの新商品、JR12V スーパーラインADOVANCE(アドバンス)が良さそうです。JRアドバンスは、従来より白っぽい光になるように設計され、フィリプスのマスターラインと同等の輝きをするランプになります。既に、各器具メーカーはウシオのJRアドバンスの採用を検討しており、コイズミ照明など、一部のメーカーでは既にカタログ掲載もされております。

JRimg

今後ハロゲンランプの市場は、省エネの観点から縮小すると予想されておりますが、演色性や調光の安定感などの点を見ると、まだまだハロゲンランプの魅力は多く、また、ハロゲンランプの中でもJDR110Vタイプに比べJR12Vタイプは約1.5倍ほどの高効率を実現し、寿命も5,000時間と長いため、ウシオのJR12VスーパーラインADVANCEは、ハロゲンランプの中で省エネ、高効率ランプとして注目を集めそうです。

ランプ型番 代替え表

ピン(GU5.3)タイプ

スーパーラインADVANCE GU5.3タイプ

フィリップス:マスターラインプラス ウシオ:スーパーラインADVANCE
JR12V30W AKN/5-1 JR12V30WLN/KUV-H
JR12V30W AKM/5-1 JR12V30WLM/KUV-H
JR12V30W AKW/5-1 JR12V30WLW/KUV-H
JR12V45W AKN/5-1(EXT) JR12V45WLN/KUV-H
JR12V45W AKM/5-1(EXZ) JR12V45WLM/KUV-H
JR12V45W AKW/5-1(EXN) JR12V45WLW/KUV-H
JR12V50WLN/KUV-H
JR12V50WLM/KUV-H
JR12V50WLW/KUV-H

ねじ(EZ10)タイプ

スーパーラインadvance EZ10タイプ

フィリップス:マスターラインプラス ウシオ:スーパーラインADVANCE
JR12V30W AKN/5EZ JR12V30WLN/KUV/EZ-H
JR12V30W AKM/5EZ JR12V30WLM/KUV/EZ-H
JR12V30W AKW/5EZ JR12V30WLW/KUV/EZ-H
JR12V45W AKN/5EZ JR12V45WLN/KUV/EZ-H
JR12V45W AKM/5EZ JR12V45WLM/KUV/EZ-H
JR12V45W AKW/5EZ JR12V45WLW/KUV/EZ-H
JR12V50WLN/KUV/EZ-H
JR12V50WLM/KUV/EZ-H
JR12V50WLW/KUV/EZ-H

次世代照明技術展にいってきました

本日はビッグサイトで開催されている次世代照明技術展に行ってきました。雪が降る悪天候の中、最終日の今日もかなりの来場者がいるようでした。

– 第5回 次世代照明 技術展 〜ライティング ジャパン〜 – 光源・発光デバイス・LED・有機ELなどに必要なあらゆる技術が一堂に出展

さて、ざっと会場を歩いた感覚は、直管型LED蛍光灯のバリエーションが増え性能が上がっている、白熱はもちろんハロゲン球の代替えになるLED電球が増えている、屋内・屋外用のLED照明器具などが展示されているなど、前年よりもさらにパワーアップしているような感じがしました。

そして、私の中で次世代を感じさせるインパクトが大きかった展示は、やはり前エントリーのNetLEDがダントツで一番だと思いました。おそらく来年の展示会には、この要素をとりいれた商品がもっと増えているのでしょう。

あと、気になったのは、無電極ランプの展示がけっこう多かったことです。LEDがここまで性能が上がる前に、超長寿命の代表だった無電極ランプも健在のようです。しかし、ここ最近はLEDも大光量タイプのものがいろいろ出てきたので、はたして今年はどのようになるのでしょうか?

最後に、積分球のメーカーも何社か展示をされていました。LEDは従来の光源とはちょっと性格が違うので、何かかわった手法なり基準がでているのかきいてみたのですが、ここの分野はとくに変化がないようでした。

IMG_0690

ということで、年を追うにしたがってますます盛んになってきている次世代照明技術展でした。

ITと照明について

さて、この水曜日から次世代照明技術展がはじまりました。既に展示会に行ってきた友人達から、いろんな情報が届いております。

その中でも、この商品とサービスはなかなかおもしろそうですね。

NetLED、“世界初”Wi-Fiで調光するクラウド型LED照明システム – 家電Watch

照明は位置情報と密接に関係する設備なのでITと非常に相性がいいですよね。地域的なエネルギー消費量のコントロールや、イニシャルコストとメンテナンスコストを可視化できるBIMなどの流れもあり、クラウドやWiFiだけでなく、今まではITの世界でしか聴かれなかったキーワードが照明機器やサービス、手法などにもっともっと導入されるような流れになるのでしょう。

そして、たとえば可視光通信などの技術により、これまでもっていた照明の機能や役割が、このデジタルによって大きくかわりますます複雑になっていくことが予測されます。そうなると、最初にフォーマットを決めてそれに外れるものはエラーになるような思想ではなく、とりあえず値とインデックスだけきめておけば柔軟に対応できるようなシステムが主流になってくるのでしょう。

ということで、最後の方はわけわからん話ですみません。要はJavaScriptとMongoDBを勉強しなければならないということが言いたかっただけです。私は明日、次世代照明技術展に行ってくる予定です。たのしみですね。

では!

紫外線殺菌ランプに表示されている”G10”や”G15”というのは口金の形状”G13”や”G5″とは違う意味です。

紫外線殺菌ランプをご存じですか?

TUV Lamp


見た目は蛍光灯のガラス部分が白ではなく中身が見える透明なタイプのランプで、点灯すると青白い光を発します。よく、トイレの洗面所にある温風乾燥機の中や、病院などのスリッパケースの中に使われていて、ランプの名前のとおり、殺菌する用途に仕様されております。

こちらのランプ、ランプには”G10″とか”G15″というような表記がされているのですが、この表記とランプの口金の”G13”や”G5″という表記が違うので、本当にこのランプで良いのかどうかというお問い合わせをよくいただきます。

まず始めに、ランプに表記されている”G10”や”G15″という表記なのですが、このGはgermicidalという単語の頭文字のGで、”殺菌”という意味になります。また、その後の数字はランプの出力をいみしており、”G10”なら、殺菌ランプの10W、”G15”なら殺菌ランプの15Wということになります。

それに対して、”G13”や”G5”というのは、ランプの口金のことで、T8管とよばれるランプの太さが26mmのタイプは、”G13”というソケット、T5管という直径が16mmのランプは、”G5″というソケットをしております。

なので、お使いのランプの直径をモノサシで計測いただき、ランプの口金が”G13”や”G10”のどちらかであるかを確認してみてください。

ただし、殺菌ランプは特殊用途で使用する用に、ここにあげた以外にもいろいろ口金があるので、もしご不明な点などありましたら、どうぞ、お気軽に下記フォームよりご連絡ください。なお、紫外線ランプを使用した照射装置の開発などのご用命も承りますので、どうぞ、お気軽にご連絡ください。

コメントシステムとしてDISQUSを導入しました

しばらくスマートライトのサイトの更新をしてなかったのですが、先週、システムを新しくしました。といっても、見た目はほとんど変わりないのですが。。。。。変更部分は、私のプログラミングレベルが低い時に作成した部分を、今の自分のレベルでできる範囲でプログラミングをメンテナンスしやすくするといったものです。

また、ブログ部分のコメントシステムとして、DISQUSというサービスを導入しました。

Discover your community – DISQUS


これは、Googl、Twitter,Facebookなどのアカウントを利用してコメントできるシステムです。

スマートライト|照明についてのポータルサイト

今は外部サービスで便利なものが多いですね。先ほどのエントリーでもFacebookとの連携の話をしましたが、外部サイトやサービスとの連携をしながら、便利なサイトをつくっていきたいと思います。

今週は第4回 次世代照明 技術展 〜ライティング ジャパン〜 -がはじまりますね。

早いもので1月も半分が過ぎました。寒さが厳しい毎日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、私の方は先週の水曜日、内田洋行さんでエッセンシャルライトのイベントを仲間達と開催し、今年どんなアクションをしていくかを話し合ってきました。昨年10月にお話ししたレイヤードライティングのプロジェクトをすすめるために、Yahoo!JapanさんのYOLPというサービスを使っておもしろいことができそうです。

エッセンシャルライト ジャパン プロジェクト | ステキなヒカリをつくろうプロジェクト:これからの照明と節電を考える


また、この週末は友人の開催しているプログラム実習室に参加し、ウエブサイトを作成するCMSというシステムのWordPressと、Facebookページを連携させる方法や、スマートフォンに対応したサイトをつくる方法などを勉強してきました。このスマートライトのFacebookページあるので、これからこのサイトに追加するいろんな機能をFacebookにも連動するようなものをつくっていきたいと思います。

さて、今週は東京ビッグサイトにおいて第4回次世代照明技術展が開催されます。”LEDは価格と光量で実用化はまだかかりますよ”と言っていたのはいつのことだったか忘れてしまうぐらい、当たり前のようにLEDが使われる時代になりました。また、展示会で見る様々なLED照明器具も、機能や意匠的にすばらしいものが増えてきました。果たして今回の展示会ではいったいどんな点に特化した製品が発見できるのでしょう。楽しみですね。

– 第4回 次世代照明 技術展 〜ライティング ジャパン〜 – 光源・発光デバイス・LED・有機ELなどに必要なあらゆる技術が一堂に出展